Official Page:

Categories

  • Company
  • Control System
  • Digital Signage
  • English
  • MULTIMEDIA
  • SEO SEM
  • Social Media
  • Web Application
  • Web design
  • miscellaneous
  • profile
  • 寄り合い

Recent Posts

Main



電話キライ

ご存知の方も多いかと思いますが、私は公私共にあまり電話にでません。

番号非通知や、知らない番号の場合はまず留守電に応答させます。
そうでなくても、仕事中は着信音を切っていて、バイブにもしないため、鳴っても気がつかないことが多いです。何度も電話をくれる方、ごめんなさい。

私と連絡を取りたい場合は、メールtwitterなどの方が電話より100倍速く反応します。

留守電が入っているのに気がつくとメッセージを確認して、必要ならメールやチャットなど他の手段で返信し、どうしても急用の場合や他の通信手段が無い相手にだけ渋々電話をかけます。

ビジネスをしていて、電話にでないとか致命的なんですが、それでもあまり出ません。こちらからもほとんどかけません。テクニカルサポートもできるだけメールやチャットを利用してもらうようにしています。その方がリンクや添付ファイルなども送受信できる上に記録が残るのでお互い便利です。

言い訳ではありませんが、電話という通信手段は前時代的になりつつあると考えており、他の通信手段がもっと普及すればいいなあ、と考えつつ電話にでない生活を続けています。


なぜ電話がキライかというと、こちらが何をしているかに構わず、いきなりインタラプトしてくるからです。(電話をくれるあなたに悪意がないのはよく知っていますので、気にしないでくださいね)、そして用件を投げつけられ即答しなければいけない。さらに、通話の内容の記録が残らない。ファイルやURLを添付できない。

メールやメッセージなら内容を確認した上で、他の作業を含め優先順位を考え、返信することができます。今、やっている作業とどちらが緊急を要するかか考えた上で後回しにするか、すぐに対応するかを自分で決めることが出来ますが、電話にはそれができません。(もちろん、「後でかけ直すね」と伝える手もありますが)

逆に、予め時間と議題を指定してのテレカンファレンスは全く問題ありませんし、私から提案することも多いです。

こちらから電話をかけない理由も同じです。企業のサポートホットラインなど、電話にでるのが仕事で電話の前で待っている人にならいつでも電話をかけることができますが、そうでない場合は、相手が今何をしているか分からないのでできるだけ電話はしません。パスタが後1分で茹で上がるところかもしれないし、素敵な女性を口説き落としている最中かもしれないと考えてしまうと、おいそれと電話ができないのです。

もちろん、遠方に住む家族など声を聞きたい、聞かせたい相手は別です。電話はそのためにあると言ってもいい。

最近の若い子どもたちが、音声通話よりテキストメッセージをメインに使っているのは、時代が電話メインのコミュニケーションから、メッセージング中心に変わりつつあるのではないかと期待を込めて思っています。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.mediacraftlabs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/137

Listed below are links to weblogs that reference 電話キライ:

» 電話かけません from 八卦徒然草
関係各位へご連絡。 今月から電話をかける事を積極的に回避しております。 故に、なかなか電話してこない奴になってますがご了承ください。 Mail、Skype、Facebook、Twitter、mixi等を使って�... [Read More]

» なぜマスコミが嫌いかといえば電話かけてくるからだ from webdog
マスコミというかテレビのひと。メールで済むことをいちいち電話してくるのがもう無理 [Read More]

Post a comment

(If you haven't left a comment here before, you may need to be approved by the site owner before your comment will appear. Until then, it won't appear on the entry. Thanks for waiting.)